何でだろう

LINEで送る
Pocket

 「何でだろう」と1人が言った。
 「どうも最近、かみさんが怖くてな。妙によそよそしい態度が続くと、離婚でも切り出されるんじゃないかと、どぎまぎする」
 「そりゃあ、おまえの行いが悪すぎたからだ。せいぜい、いじめられろ」。もう1人が、すかさず突っ込んで言う。
 「じゃあ、おまえのところは大丈夫か」
 還暦をすぎた男が3人、居酒屋で飲んでいる。
 「日ハムは最後の最後で残念だった」と、しばらくは盛り上がり、「鳩山も何か、もたもたしだしたな」としたり顔で政治談議もした。しかし、妙な具合に連れ合いの話になった。
 「いや正直言うと、おれも怖い。おれなんざ、何だかんだといったって、結局、いいようにかみさんに、あやつられてきたんだけどな。ふと、かみさんの顔色をうかがう自分に気付いて嫌な気分になる。何でだろう」

 「おい、おまえはどうだ」。ふいに話をふられて、「おれかぁ」と私はすっとんきょうな声をあげた。
 受けを狙うか、調子を合わせるか。一瞬、判断がつきかねた時、1人の男の携帯電話が鳴って、話は終わった。
 よかった。私だって女房に「あんまり、おかしなことを言いふらすんじゃない」とくぎを刺されてきたところだった。

 女房は怖い。だけど、何でだろう。

(2009年12月9日 北海道新聞朝の食卓掲載分)

あわせてお読みください

LINEで送る
Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください