風神窯泥地獄 第3回片山一旭川展



《昭和55年3月20日(木)~26日(水)》

 片山さんがこの道に入られて満5年、私の手もとには、片山さんの作られた壷、皿、どんぶりなどが、いつのまにか増えた。過去に、耐え難いほどの肉体の痛みを幾度も経験しながら、飄々と明るくあたたかい性格を、片山さんは決して失わない。それが作品にひとつの風格を与えている。
 「年と共にますます泥地獄にはまったようなものですよ」と片山さんは言うが、「男子三日会わざれば刮目して待つべし」の諺を地で行く作品にふれ得ることは、私の大きな楽しみである。

三浦綾子(作家)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA