第1回片山一作陶展 陶芸の原点を探る


 《昭和53年3月10日(金)~15日(水)》
厳寒の日々も三月に入りますとやはり春めいてまいりました。皆様御機嫌いかがで御座居ましょうか。
このたび、片山一さんの作る品を最初に売った店が六華堂ということで、彼の第一回の作陶展をてがけることになりました。
彼のつくり出しました壷、花器、けい古用茶道具等是非御高覧、御批評賜ります様御案内申し上げます。
また会場の設営、ハガキは「創広」のスタッフが担当 題字は尚古堂店主、金坂吉晃氏が書いて下さり、彼の前途を飾って下さいました。
どうぞ当店ともども御引立下さいますよう御願い申し上げます。

尾崎道子

【この年にあったこと】
3月17日(金) 作品展が終わって2日後に長男・片山兵衛が生まれました。

昭和54年へ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA