風神窯我楽苦多市 第4回片山一旭川展


《昭和56年3月6日(金)~11日(水)》
 陽ざしが春めいてきた。ことしも片山一さんの発表会が近づいてきた。かっての新人片山一は、今や押しも押されぬ中堅となって女性のファンも少なくない。
 近頃の作品の形に「遊び」が出てきたのはその境地にゆとりが出てきた故というペきか。だが、デッサンはいよいよ確かなものとなって、私たちを瞠目させる。ファンの一人として、昨年からの一年問の成熟を、心から期待して発表会を待つ私である。

三浦綾子(作家)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA