旭川工芸センターのレーザー加工で印花も作れる!アクリル板も加工可能!

LINEで送る
Pocket

 みなさん、こんにちは。
 今日は晴れていますね! 1か月以上にわたってちょっとずつ読んでいた本を昨日読み終わり、心も晴れ晴れしていますべえです。

 さて、昨日は朝から旭川工芸センターへ!
 以前と同じく、レーザー加工でハンコ(印花)を作ります。


 アウトライン化したデータを読み込んで、レーザーで彫っていきます。加工の様子はこんな感じ。

 プリンターのようなイメージですね!
 ただ、動画を見てもわかる通り、ものすご~く時間がかかります。


 手前はテストで切り抜くところまで作ってみたもの。今回は木ではなくアクリル板を加工します。
 木を深く彫ると木目がけっこう出て、それをあとでヤスリなどで削るのに苦労します。アクリルだとその手間もなく、しかも透明なのでちゃんと場所を確認しながら押すことができるので便利!
 その代わり加工には時間がかかります。
 5ミリの板で3ミリくらいまで彫りたいのですが、レーザーの出力をあげて一気に彫ろうとすると奥のように溶けてしまいます。


 ということで、ゆっくり待つのみ!
 1回の彫り込みに約1時間40分、それを2回繰り返し、さらに縁を切り抜いたり、失敗したのを作り直したりで、合計4時間!


 おかげでなかなか読み終わらなかった獅子文六『娘と私』(647ページ)をようやく読み終わることができました! 
 まわりは出来上がったハンコ、早くこれを使って作品を作ってみたいです!
 昨日はお昼までで帰る予定だったのが夕方にずれ込んだため、あれこれ作業してたら夜に。今日はどこかで試作品作ってみようっと♪

 旭川工芸センターのレーザー加工は1時間2430円で作業することができます。
 本来は木などの表面に模様をつけるのに使いますが、こうやってオリジナルのハンコを作ることもできますよ~!
 

あわせてお読みください

LINEで送る
Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA