練り込みの小皿・・・教室で作るにはちょっと難しい?

LINEで送る
Pocket

 みなさん、こんにちは。お久しぶりです!
 facebookページともども更新頻度をあげていきたいな、と思ってます。

ということで、昨日、工房での陶芸教室で試しに作ってみた練り込みのお皿。
 本に書いてあったのをみながら生徒さんにがんばってもらいました!
P5230001 まずはピンクの色粘土と通常使っている粘土を混ぜ合わせて8段階のピンクの濃さの粘土を作ります。
 ここがいちばん頭がこんがらかりやすいかも。

P5230002 濃いピンクから白まで8種類をそれぞれのばしてひも状に。
 このあとは重ねてのばしたりしていくわけですが、油断するとどっちが濃い色なのかわからなくなりそうでした。

P5230003 途中は作業に集中してしまったため撮影できず・・・。
 こんな感じでできあがります。

P5230005 今回は3枚出来上がりましたが、この時点で2時間30分以上かかってます。
 2時間の教室だと時間が超過してしまいますね。
 人数が多いとさらに時間がかかりそう・・・でもかなり作ったと言う充実感はあるようなので、なにか工夫してぜひ他の教室にも取り入れてみたいと思います!

あわせてお読みください

LINEで送る
Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA