今日明日は旭川陶芸フェスティバル!地場産センターでお待ちしてます!

こんにちは。
一昨日はガス窯焚きも無事に終わり、本来ならまるっと一日休んで過ごしたいとことですが、今日からは旭川陶芸フェスティバル!
p9230020
 いつもは当日の朝に搬入なので慌ただしいのですが、少し余裕をもてるよう、昨日、公務のあと、地場産センターに行き、荷物を下ろしてきました!

p9230023 とりあえず並べてみたところ。
ちょっと作品数が足りないかな、ということで、今日の朝、さらに追加して、値札をつけていきたいと思います。

風神窯のブースは34番、会場でお待ちしています!

森の恵みに感謝の日2016に出店しました!

こんにちは。今度の22日くらいをめどにガス窯を焚くため鋭意作業中ですが、昨日は緑の森ガーデンでの「森の恵みに感謝の日2016」というイベントに出店してきました。
p9110001
 鷹栖からすぐ、春光台の森の中でのイベントで、ブースは入り口のそば。お隣は創生窯さん。

p9110003 朝9時までに搬入をしなければならないということで、あわただしく出かけたのもあり、値段を表示するものやパイプいす、そして絶対寒いから用意しなきゃと思っていたジャンパーなど忘れ物がずいぶんありましたが、なんだかんだと準備完了!

読みかけていた本を読みながら、まったりと過ごしました。
p9110012
とんぼが飛んでいるのをみると秋だな~という感じ。

再来週には旭川陶芸フェスティバルもありますが、なんとか窯を焚けるよう作業をすすめていきたいと思います!

アイヌ工芸作品コンテストで奨励賞をいただきました!

台風で油断できない状況ですが、つい先日の土曜日もひどい天気でしたね。そんな日に札幌に行ってきたわけですが、向かったのはこちら。
P8200015
札幌市の駅からちょっと歩いたところにある「かでる2・7」。
こちらでは19日から22日にかけてアイヌ文化振興・研究推進機構の主催によるアイヌ工芸作品コンテスト作品展2016が開催されていました。P8200014 このアイヌ工芸作品コンテストに出品していたのですが、その中で釉象嵌アイヌ紋角皿が奨励賞に選ばれまして、今回の札幌行きはその表彰式に出るため。残念ながら展示場の中は撮影禁止だったので会場の写真はこれだけ。

DSC08867 こちらが受賞作品。

DSC08862 アップでみるとこんな感じです。
今回は陶磁器での出品は他になく、講評の中ではこれまでも陶磁器でアイヌ文様を取り入れる例はあるが、なかなか長続きしない。一般的に使えるようなものにアイヌ文様を活かすというのはよいことなので、継続していくといいのではないか、というようなことを言われました。

アイヌ工芸作品の勉強も兼ねて行ったのですが、いろいろなアイヌ文様の作品をみることが出来、とても参考になりました。

DSC08869 今回の受賞を励みにアイヌ文化をもっと学んで、アイヌ文様の素晴らしさを自分なりに活かした作品を作ることができるよう精進していきたいと思います!

表彰式のあと、高速バスが乗るのを諦めるほど混雑していたので、その日のうちに帰ることができなかったのはまた別の話・・・。

愛山ものづくりフェス終了!ありがとうございました!

昨日は愛山ものづくりフェスに参加するため、早起き!
あれやこれや準備をして、出発!
会場は家から車で40分ほどのところ。
P7310002

こちらが会場の旧愛山小学校の愛山ものづくりビレッジ
搬入開始の9時ちょっと前に到着しましたが、すでにもう会場はばたばたと準備がはじまっている様子。

P7310005

当初は体育館での販売という予定だったようですが(屋内か屋外かも確認してなかった・・・)変更があり、私は音楽室で販売することに。
焼きもの屋さんやプリザーブドフラワー、アクセサリーなどのお店とご一緒させていただきました。

P7310006

販売準備完了の図!
テーブルひとつですが、搬入に使ったコンテナも使い(低い台はコンテナをひっくり返している)なかなかうまくまとまりました!

P7310007

今回の小ワザ!
窯の紹介パネルは搬入に使った台車を使って支えています、笑
ずれないよう両面テープで軽く固定。屋外だと風が吹いたら飛んじゃうかもしれませんね・・・。

後半は天気がよくなかったのもあり読書がすすみましたが、前半はいろいろな方に作品を見てもらったり買っていただいたりしました。

愛山ものづくりフェスは今回でまだ3回目ということで、いろいろな可能性を感じたイベントでした。また機会があれば参加させていただきたいと思います!
会場でお会いしたみなさん、ありがとうございました!

7月31日!愛山ものづくりフェスに参加します!

もう7月もおしまいですね~。
今回は明日のこちらのイベントのお知らせです。 
aibetu

愛山ものづくりフェス!
 旧愛山小学校でのイベントで明日10時から16時の開催。
新聞に折り込みチラシが入っていたので、どんなイベントかあまりわからないまま申し込みをしたので、もちろん初参加! イベントとしては3回目らしいのですが、他にどんな方が参加しているのかもよくわかっていませんが、楽しみです!

さて頑張って準備しようっと!

これも仕事!美術館で勉強してきました!

先日、納品に出かけた際に寄り道をして旭川市立美術館へ。

P7070068 開催中の「ひとしま美術館所蔵 フランス 近代美術を巡る旅」をみてきました。
陶芸作品の展示はありませんが、どんなものが参考になるかわかりませんので、これも仕事!
ピカソが目玉となっていますが、セザンヌやモディリアーニ、ドラクロワ、ミレー、キュービズムなどなどかなり充実した内容。(モダンチョキトキズの「ピ ピカソ」を思い出しながら鑑賞しました、笑)

今回、いちばん印象に残ったのはヴラマンクの雪景色を描い絵でした。
機会があればまた観に行きたいと思っています。この展示は8月17日まで。

シーナ文化教室で夏休みの作品作り!23日に陶芸教室があります!

7月に入り、もう少しすると夏休みですね。
夏休みの工作というのは毎回頭を悩ませると思いますが、陶芸作品を作ってみるというのはいかがでしょうか?

月2回の陶芸教室でお世話になっている旭川市永山にあるシーナ文化教室。
こちらで夏休み向けの1日教室が開催されます!
58a42af3

7月23日(土)10:00~12:00(予約締切日 7月19日)
●受講料  540円
●材料費 1000円
●持参品 タオル ※汚れてもよい服装で

大きめのカップや飯碗が作れる粘土の量で、もちろん食器に限らず好きなものを作っていただくこともできます。
他の教室はこちらのPDFでも確認いただけます。

夏休みが終わるまでには焼き上げてお返しする予定です。
お問合せ・お申込みは
 コープさっぽろ2F シーナ文化教室  47-9270まで!

みなさまのご参加お待ちしています!

発送準備もけっこう大変…。「北海道ラーメン鷹の爪 新宿店」様、無事発送完了!

こんにちは。
なかなか慌ただしい日々が続いていましたが、週末はちょっとひと息つくことができました。これからしばらくは本業以外でもいろいろ予定がありますが、本業の方に影響しないよう気合をいれていかねば・・・!

さていつもお世話になっている「らーめん鷹の爪」さん。
なんと6月17日には新宿に新しいお店がオープン!ということでとってもめでたいのですが、ありがたいことに、新千歳空港店に続いて、新宿店でもうちのラーメン丼を使っていただけることになりました。
DSC08500 焼きあがった丼たち。
チェックをして、底がガサガサしないようヤスリをかけて、梱包です。

で、この梱包が意外に大変!

 まずは新聞紙でどんどん包んでいきます。朝刊1日分で3つ包む感じ。
P6030004

 

次に輸送中ガチャガチャ動かないようPPテープで縛ります。P6030007 今回は5つずつ。これ以上重ねるとちょっと不安。

5つ縛ったものをさらに新聞紙でくるみます。P6030008 だいたい朝刊1日分を使用。

そして箱に詰めます。
P6030009 なかなかよい大きさの箱がなく箱集めが苦労するところ。
たまに160サイズの箱をホームセンターで買ってきたりという贅沢もしますが、基本的には空いた段ボール箱をタダでくれる心のひろいホームセンターや教材屋さんなどでもらってきます。
写真は160サイズの箱・・・30個入ります。

P6030010 運送屋さんが持って行ってくれる25キロ、ギリギリちょっと手前!
 丼1個が約620gなので丼だけだと30個で18.6キロのはずなので残り約5キロは新聞紙ということに!

こんな荷物を数個、先週中に発送手続き完了!
無事届いて、お店で元気にがんばってくれますように!

暑いですが、作業がんばってます!

こんにちは。
北海道は涼しいというイメージを裏切るような暑い毎日が続いていますが、締め切りがいくつか迫ってきているため、だらけてもいられません。
DSC08369 ここ数日は模様をつける作業をがんばっていました。
マスキングテープをこのように模様に切り抜いて素焼きした作品に貼りつけていきます。

DSC08370 こんな感じでひとつひとつ貼っていくのですが、暑いと手がじとーっと汗ばんでくるので、時々手を洗いながら作業。

明日からは梱包~発送の作業がメインになってきそうです。
あともうひと息!

「彩旬ダイニング 季ごころ」さんの箸置きを製作。小さなものを素早く釉がけする裏ワザ発見!?

こんにちは。ありがたいことになかなかゆっくり休むことができないくらいお仕事をいただいていますが、そのなかのひとつを今日はご紹介。

お仕事の話があったのはほんのちょっとひと息つけるかな~と思っていた4月の後半、20日ごろのこと。
今度オープンする和食屋さんの箸置きを作れないかということで、知人のデザイナーさんから電話をいただき、よくよく話を聞くとオープンは5月9日!
 通常、納品までに1か月が必要なので、これはかなりぎりぎりの納期! でも小さいものなので無理やり乾燥させてもいけるかな~と思い頑張りました! ただ試作などはできないし、万が一の場合はごめんなさいという条件で。
DSC08203 で、間に合いました!
レセプションがある4日に間に合うよう5月2日に納品!
陶試紅を練りこんだ粘土で作った桜の花びらの箸置き。

DSC08209 淡いピンクとほんのちょっとだけひねりを加えた形がポイントです。

当然、ひとつひとつ手作りで釉薬がけもひとつひとつ行います。
釉薬掛けのときの指のあとを修正するのは大変だなぁと思い、今回、急いで作業するために編み出したのがこの技!笑
P5130011  指に画鋲をマスキングテープで装着!

P5130012 こうやって持つと、親指がついている面はふき取りますし、画鋲の針がついているところは釉薬が乾く前に離すと小さな穴なのですっと埋まってくれます。
たまにこのままの指で顔がかこうとしたりとあぶないこともありましたがかなりスムーズに作業できました。
小さいものの釉薬がけが効率よくなりますが、くれぐれもケガをしないようお気を付けください。

できあがった箸置きはお店で使われています。DSC08381 お店は旭川市3条8丁目の「季ごころ」さん。
お店については「たかす地域情報」のこちらの記事をご覧ください。
とてもいいお店ですよ~♪

おさらっぺ焼 北海道鷹栖町の窯元